男の子の日に五月人形を飾って軌跡に感謝しよう

ウーマン

初正月を迎える時に

お正月

赤ちゃんと迎える初正月には、厄払いのために羽子板を飾る風習があります。そんな風習のために良い羽子板を探しているのならば、専門の通販ショップを利用してみると良いでしょう。伝統的な美しい羽子板をスムーズに手に入れることができて便利です。

もっと読む

初正月のお祝いの仕方

女の子

女の子が正月に羽根突きの遊びをする際に使う道具として羽子板があります。初めての正月を迎える女の子の赤ちゃんに贈るものです。母方の実家が贈るものとされていて、販売されている期間が短いので早めに選ぶようにする必要があります。

もっと読む

女の子の無事な成長を祈る

羽子板

うちには床の間なんてないから、羽子板はいらないというような声が聞かれることも多くなっていますが、日本の美しい伝統である羽子板をぜひ赤ちゃんのすこやかな成長のために心を込めて贈ってあげたいものです。女の子が生まれたら、その年の暮れまでに羽子板を用意するようにしましょう。

もっと読む

初正月を迎える女の子に

複数のギフト

江戸時代から続く風習

生まれて初めてのお正月を迎える女の子に羽子板を贈る風習があるのをご存知でしょうか。子どもの幸せを願い12月の中旬から1月15日頃まで飾るとよいとされています。その由来は、羽根つきでつきあう羽根が病気を運ぶ蚊を食べてくれるトンボに似ていることから、大事な子どもが蚊に刺されないように、即ち無病息災を願う意味につながったといわれています。室町時代から羽根つきの道具として用いられていた羽子板ですが、江戸時代には厄払いとしても使われるようになりました。武家が女児の誕生を祝って贈っていたものが、次第に庶民にも広まっていったそうです。この風習については地域によって違いがあるのですが、母方の実家が赤ちゃんに贈るのが一般的です。ちなみに男児の初正月には破魔弓を贈ります。

最近の人気の傾向とは

この羽子板を贈るという美しい習慣ですが、長い歴史の中で形状などの流行は様々に移り変わってきました。近年衣装の部分は、振袖が板からはみ出して美しく広がっている形が人気です。赤やピンクの可愛らしく華やかな生地が好まれ、可憐な小花の刺繍が施されているものが高値ながらも人気を集めています。また、大きな羽子板がよく売れていた時代もありましたが、最近はコンパクトサイズのものが主流になっています。特に壁掛けタイプのものは飾りやすく、薄型なため収納もしやすいので人気があります。飾るのが面倒になってしまいっぱなしになってはもったいないので、手軽な壁掛けタイプはおすすめです。人形販売店では11月からたくさんの羽子板が並べられますが、12月の後半には姿を消してしまいます。お正月からは雛人形の展示が始まってしまうからです。店頭に置かれるのは実は短い間なので、通販サイトでじっくり情報を集めておくことが、素敵な羽子板を手に入れるためのいい方法なのではないでしょうか。

男の子の日

男の子の日といえば五月人形です。無事にここまで大きくなってくれたことに感謝して五月人形を飾るといいでしょう。